常滑市観光戦略プラン策定委員会にて南知多ユニバーサルビーチプロジェクトの活動とユニバーサルツーリズムの講演をしました。

常滑市の観光をどうしていくか?

の会議に南知多ユニバーサルビーチプロジェクトの取り組みが選ばれ講演をさせtレ頂きました。その中で、お話した

「ハンディキャップのある方は、初めは、『自分が何がしたい』という事があまり無い状態なんです。

 それが一つ『できない、が できる』に変わることによって、『次は、これをしたい!』に変わっていく」

など長々とお話させていただきました。

中部国際空港のある街には、「ユニバーサルツーリズム」の目線が必要と、、、

SGD,sの取り組みの「持続可能な社会開発 誰ひとり取り残さない」

手の届かないところを改善していくと、みんなにやさしい観光地になっていきます。

南知多ユニバーサルビーチプロジェクトとして取り組んでいきたい内容です。

今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。




閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示